【サッカー人気1位】未熟さを露呈した逆転負け。自力残留への…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

「入りは良い印象だったが、そこでたたみ掛けられなかった。選手には勝点3を目指して戦うことが使命。それを最後の試合まで続けると話しました」【J2第35節:甲府vs長崎】松田浩監督記者会見コメント全文

〇松田浩監督

(試合総括)
重要な一戦で勝点が取れないということで、残念な気持ちでいっぱいです。うまく先制できて、アウェイゲームの入り方としては良い印象だったんですが、そこでたたみかけて(追加点の)チャンスを決めきれなかったのが残念でした。そうなれば相手も強い気持ちを懸けているので、ペースが拮抗してきますし、そこで同点にされて、その後に一進一退になってしまった。選手は最後まで気持ちを見せてくれましたしたが、そこは甲府が上回ったのかなと。あとは、最後に相手がリトリートした中でも同点に持ち込むようなプレーの精度を上げる必要があると思います。

(残り 694文字/全文: 963文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ