【サッカー人気1位】課題になる作りの“コストダウン” 水を…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

松田浩監督「群馬戦は、兵糧攻めではないが、我慢強く戦う忍耐強さが必要。ボールを奪った瞬間が一番のチャンスなので、奪ってからインテンシティを落とさず攻めるのはカギになる」【J2第37節:群馬戦直前コメント】


〇松田浩監督

-前節のフィードバックとしてどんなことをしましたか。(エルゴラッソ)

ビルドアップのところです。プレスに対してのビルドアップの改善、そこでしっかりとした立ち位置を取っていれば、相手のプレスを効果的にかいくぐれた。一方で水戸戦は、守備陣が良くて、ペースを握られても最後のところでやらせないことが多かった。そこを無失点でしのいだのが勝因なので、そこは大事にしようと話しました。

(残り 2234文字/全文: 2425文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ