【サッカー人気1位】課題になる作りの“コストダウン” 水を…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【コラム】小嶺忠敏監督のいない長崎県新人戦と新しく作られる歴史

長崎県新人戦2回戦「長崎総大附属 対 島商」では生前に両校を指揮したことのある故・小嶺忠敏監督への黙祷が捧げられた

私にとって大抵の場合、公式戦取材初めである長崎県新人戦が1月15日から始まった。しかも今年は1月7日に高校サッカー界の大名将、小嶺忠敏監督(長崎総合科学大学付属高校)が亡くなられ、生まれて初めて経験する小嶺忠敏監督のいない県内大会であり、長崎高校サッカー界である。

(残り 850文字/全文: 1106文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ