長崎サッカーマガジン「ViSta」

【ショートインタビュー】白井陽貴~5カ月ぶりの合流で白井陽貴が感じたこと~「来シーズンこのピッチに立ったときにもっと活躍できるようにやっていきたい」

3月に特別指定での来季加入内定が発表された法政大の白井陽貴。大学サッカーの活動もあり、シーズン前のキャンプ以降はチームに合流できていなかった白井だが、7月末から5日間の日程で練習に参加した。特別指定発表後初の練習参加の中で、白井が何を感じたのか。ViSta(ヴィスタ)では特別に話を聞いてみた。

○白井陽貴選手

■2月のキャンプ参加以来の練習参加でした。参加してみての感想や印象を聞かせてください。

選手もあんまり変わっていないし、チームの雰囲気的にもすごくやりやすい雰囲気でした。カリーレ監督とマツさん(松田浩前監督)がやっているサッカーには違いもあるんですけど、やっぱり選手が一緒だったので、自分的にはプレーしやすかったです。ずっと大学で活動していたので、こっちに来て、違う環境の中でプレーすることで自分のパフォーマンスがどのくらいのレベルかハッキリした感じがありました。

(残り 2263文字/全文: 2648文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ