ザ・J2クラブの水戸が首位。2000年に取材した「水戸vs浦和」から思うこと(J論)

ニイガタフットボールプレス

【2019新戦力インタビュー】MF17 カウエ① 「勝利に値するのは、全員のメンタリティーが良いチーム」

今シーズンのチーム編成最大の特徴は、外国籍選手の出場4枠を、ブラジル人6選手、韓国人チョ・ヨンチョルの7人で競う構図にある。彼らの活躍なしに、J1昇格というミッション達成は難しい。高知・春野キャンプで着々と進む2019年のチームづくりでの、彼らの現在地は――。新戦力インタビュー第1回は、大宮アルディージャから完全移籍での加入となり、副キャプテンにも任命された頼れるボランチ、カウエの登場だ。

■感謝の気持ちとともにプレーする

――新潟サポーターの誰もが熱望した完全移籍が実現しました。

「サポーターのみなさんに、本当に温かく迎え入れられたことに感謝しています。それをプレーで表し、恩返ししたいですね。アウェイの試合でも、いつもたくさんのサポーターが来てくれる。ピッチを離れても、たくさん声を掛けてくれる。みなさんの思いが伝わってきます」

――ブラジルのファンの熱量も、かなりのものでは。

「確かにブラジルでも、アウェイにたくさんのサポーターが駆けつけることはあります。でも、それはたいていがビッグクラブ。それに私は、もうブラジルを離れて10年もプレーしているので、現在の様子について言うのは難しいですね。

(残り 1291文字/全文: 1789文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック