ザ・J2クラブの水戸が首位。2000年に取材した「水戸vs浦和」から思うこと(J論)

ニイガタフットボールプレス

【プレビュー】トレーニングゲーム富山戦に向けて

■トレーニングゲーム/vsカターレ富山
■キックオフ/14:00
■場所/春野総合運動公園・陸上競技場

【見どころ】
戦い方の幅を広げるため、8日のトレーニングから取り組み始めた4-1-4-1の新フォーメーションでカターレ富山戦に臨むと、昨日のトレーニング後に話した片渕監督。片渕監督は、この布陣を昨年もアウェイ京都戦(第38節〇2-0)の終盤に採用し、貴重な追加点につなげました。キャンプで改めて時間を掛け、落とし込みが図られている4-1-4-1での戦いに注目です。

キャンプでのチームづくりも佳境を迎え、選手1人1人が90分戦うコンディションに持っていくことも、重要なテーマの一つ。7日のファジアーノ岡山とのトレーニングゲーム(45分×3本、●0-1)でプレー時間の短かった選手が、今回は長くプレーすることになりそうです。

4-1-4-1の中盤の底、アンカーポジションでの起用が予想される、ルーキーの秋山裕紀選手。正確な長短のパスを生かした配球で、チームの攻撃をどう組み立ててくれるでしょうか。

【コメント】~カターレ富山戦に向けて~

堀米悠斗選手コメント

「岡山との練習試合では、失点に絡むパスミスをしてしまったので、取り返さないといけない。気持ちをうまく切り替え、高知に戻ってからも良いトレーニングができています。

キャンプに来てから、特にマリノスの映像を個人的によく見て、サイドバックのポジションの取り方を研究しています。ただ高い位置を取るだけではなく、中に入ったり、いろいろアイディアはあります。富山との練習試合は1ボランチ(アンカー)になるので、その横のスペースをチームでうまく使わなければならない。チャレンジします。

(アンカーでのプレーが予想される秋山選手について)周りがよく見えていて、パスがうまい。それは、トラップがうまいからです。ボールを回す戦い方をするチームのボランチというイメージですね。簡単に周りを使ってくれるので、一緒にプレーしやすいです。

守備については、本人も認めていますけど、まだあまり得意とはいえない。だから、コーチングの声でうまく動かしてあげて、持ち味を発揮しやすい状態をつくってあげたいですね」

秋山裕紀選手コメント

「4-1-4-1のアンカーというのは、これまでやったことはありませんが、トレーニングでプレーした感じでは、ボランチ2人でやるよりもフリーでボールを持てるし、パスを受けて展開しやすいと思いました。自分の展開力を発揮して、良いアピールをできれば。

意識したいのは、どんどんボールを受けて、歩パスを散らすことと、ポジションをうまく取りながらバランスを取ること。チームの中心となるポジションだし、出る以上は年齢に関係なく、しっかりやりたいです。

(守備について片渕監督は、「持ち味の運動量でカバーリングに走ってほしい」と話していましたが?)足は速くないし、何度もスプリントできるタイプではありませんが、マサルさん(加藤大選手)の次くらいの走行距離は出ています。そこは高校(前橋育英高)で鍛えられました。走れる持ち味を出しつつ、アジリティーやボールを奪い切るところなど、自分の課題と向き合っていきます」

reported by 大中祐二

ニイガタフットボールプレスとは


アルビレックス新潟の練習場に日参し、週末の試合を取材する、ライター大中祐二によるアルビレックス新潟応援メディアです。

モットーは、チームが良いときもそうでないときも、光に照らされる面、光が差してくる方を追い続けることです。

主な内容としては、

・“このゲーム”をさまざまなアングルから考察する ~プレビュー、コメント、レビュー~
・現場に足を運ぶからこそぶつけたい、あんな疑問、こんな質問 ~選手、スタッフインタビュー~
・源泉掛け流しのような思い、書き場のない思いの丈を存分に書きつける ~コラム~
・このエンブレムのプライドとともに ~レディース&アカデミーレポート~
・フットボールとニイガタがつむぐ物語 ~現場ドキュメント~

J1昇格を目指すチームとともに、シーズンを駆け抜けます!

大中祐二(おおなか ゆうじ)
1969年生まれ。愛媛県出身。相撲専門誌、サッカー専門誌を経て、2009年にフリーランスに。新潟に移住し、アルビレックスを取材する日々。サッカー専門誌時代の2002年ワールドカップは韓国ラウンドを取材し、04年、アルビレックス新潟の担当となる。フリーに転身した09年からは新潟に移住し、アルビレックス新潟の練習場に日々足を運び、週末の試合を取材。雑誌やWEBにも寄稿する。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック