本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

ニイガタフットボールプレス

【聖籠ノート】~試合直後も、そして今も。大武峻があらわにする危機感~

■前半戦に失ったものを、僕らは取り戻さなければならない

風雨の中での激闘となった前節・山口戦は、90+3分に同点ゴールを決められ、勝ち点1を分け合いました。試合が終わって、相手選手ともみ合いになりかけるほど、感情をほとばしらせていた大武峻選手。「ゴール前のポジション取りで、ちょっと」という大武選手のことばは、終盤の新潟ゴール前での攻防が、いかに激しいものだったかを物語ります。

「でもそれ以上に、あの展開で勝ち切れなかったことに、すごく腹が立っていたんです」。試合後のミックスゾーンを足早に通り過ぎる様子からも、胸の内がとてもよく伝わってきました。

(残り 885文字/全文: 1159文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック