【サッカーパック人気4位】 パク・イルギュ、早ければ来週にも復帰か。「あとは監督が決めること。チー…

ニイガタフットボールプレス

【聖籠ノート】~思考も肉体もフル回転させながら、新井直人は戦い続ける~



■時間を使おうとする局面から一転

前節の山口戦のような天候、ピッチ状況で試合をするのはレアケース。だから、そこで起こったエラーやその連鎖について考えるのはプラクティカルとはいいがたい。一つの見識でしょう。

考え方はいく通りもあります。昨日のノートで記した、より本質的な部分を見詰めて、危機感を強めている大武峻選手のスタンスと考え方も、その一つ。今回は、新井直人選手が山口戦の後半アディショナルタイムに目にしたもの、考えたことに迫りたいと思います。それは、ピッチにおける戦いについて、さまざまなことを私たちに教えてくれます。

(残り 1461文字/全文: 1721文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック