【サッカーパック人気2位】 あらためて考える「ブルーノ・メンデス」チャント事件 若者を萎縮させるゴ…

ニイガタフットボールプレス

【聖籠ノート】~新井直人選手の胸の内に、すでに新たな闘志がわき上がっている!~

■すべて状況は把握していた

山形戦の65分。試合の形勢がぐっと傾いた、手痛い2失点目。こちらの左サイドから上がってきたクロスを、マークしていた大槻周平選手に頭で合わされたのは、本当に悔しかったはず。実際、悔しかったけれども、新井直人選手の胸の内には、『次こそは!』の闘志がすでにわき上がっているのです。

(残り 578文字/全文: 728文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック