都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

ニイガタフットボールプレス

【ズミ放談】~小川佳純選手インタビュー②~「ひとつのプレー、試合の戦い方、展開にまで影響を及ぼすスタイルについて」

7月、天皇杯2回戦の金沢戦(●0-1)は、見ていて戸惑うほどの完敗でした。あのときピッチで何が起こっていたのか。ボランチでプレーした小川佳純選手が、その真相と、“Bチーム”の反骨心を語ります。

インタビュー①はこちら

■チーム構築の段階としては

――天皇杯の金沢戦。そこに見て取るべきものとしては、個々のアピールや成長度合いとともに、チームの積み上げもあったのではないでしょうか。あの金沢戦は、終始、受け身のまま負けてしまったのではないでしょうか。

「それは今、新潟がやっているサッカー的に、相手がこうだから、こういう試合展開になった、というのが多いから、そうなったんです。自分たちが主導権を握って試合を進めるというより、相手からの影響があって、自分たちがゲームを支配したり、されたりということになりがちで。どこが相手でも、誰が試合に出ても、そういうサッカーになるというより、相手や出る選手によって展開がかなり変わってくる。それが、今のチーム状況です。

(残り 2153文字/全文: 2575文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック