タグ祭り!ライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

ニイガタフットボールプレス

【舞行龍ジェームズ選手試合後コメント】~明治安田J2第38節・京都サンガF.C.戦~

「試合内容は悪くなかったと思いますけど、試合の終わらせ方だったり、まだまだよくできるところはあります。たとえば背中で(スペースを)消すところは、みんなだいぶよくなってきてますけど、もっと細かくやっていきたい。

今日は、京都相手にしっかりできました。でも自分たちがJ1に本気で行きたいのなら、満足しないでもっともっと質もレベルも上げないといけない。まだまだだと思います。

実際、ズミさん(小川佳純選手)が後半途中に入ってきたら、僕が何も言わなくても、すぐに背中で消し始めてくれた。ズミさんと同じくらい、若い選手たちにもやってほしいです。積極的にズミさんにサッカーの話を聞いてほしいし、今日のズミさんのプレー映像を見て学んでほしい。

昨日のルヴァンカップの決勝を見ても、フロンターレもコンサドーレも、間、間でボールを受けようとしていたし、逆に相手にはそこを使わせないように背中でパスコースを消してました。あの決勝くらいのレベルでやれるようになりたいし、やらないといけない。僕らは今、満足しても何の意味もないです。ただ1試合勝っただけ。今日は喜んで、切り替えて、次の栃木戦で勝ち点3を取れるように、明日からまたやっていきます。

(舞行龍選手自身、前所属の川崎フロンターレのルヴァンカップ初優勝は刺激になったのでは?)すごくうれしかったです。特にGKの新井章太選手。僕と同じ境遇で、なかなか試合に出られなかったんですけど、だけどずっと毎日、一生懸命だった。自主練もそうだし、全体練習が終わってからも、一緒に筋トレをやってました。僕がフロンターレにいた2年半ずっと。そういうのが全部刺激になっていたので、昨日、彼が活躍している場面は自分のことのようにうれしかったです。自分も負けないように、J1の舞台にこのチームで行きたいと改めて思いました。行くだけじゃなく、いい結果も出したいと感じました。

自分はまだプレーオフの可能性があると思っています。勝ち続けるしかない。前節の福岡戦も勝ちたかったし、勝てた試合だと思うけど、サッカーで何もかもすべてがうまくいくわけじゃない。うまくいかないときに、どう踏ん張るか。今日、勝つことができたことで、また力がわいてきました。

もちろん、もっとよくしていかないといけないところはある。これは僕の意見ですけど、今日も最後、勝っているんだから無理に攻めないで、キープして終わらせればよかった。あの失点はいらないです。キープしながら、もちろんチャンスがあれば攻めていいんですけど、今日は無理に行って、逆に何回かカウンターを受けて、すぐに新潟の陣地に入られた。そういうところにまだ若さがあるし、僕ももっともっと言っていきたいです」

reported by 大中祐二

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック