【サッカー人気2位】北関東ライター緊急座談会(前編)「長引…

ニイガタフットボールプレス

【聖籠ノート】秋山裕紀選手コメント~明治安田J2第39節・栃木SC戦に向けて~「信じて、どれだけ配球できるか。アイディアを出していきます」

■守備での手応えを感じました

――プロ初先発となった前節、京都サンガF.C.戦でも、デビュー戦となった前々節のアビスパ福岡戦と同じように、非常に落ち着いたプレーぶりでした。

「前半に一度、危ないボールの失い方をしてしまいましたが(苦笑)。あれはトラップを完全にミスしてしまいました」

――寄せてくる相手に気づくのが遅れたんですか?

「いや、“食われそう”というのは分かっていて、でもボールをコントロールできると思ったんです。けど、思った以上にボールが伸びてしまって、相手に先に触られて。舞行龍くんと大武(峻)くんがカバーしてくれて、本当に助かりました。

京都戦は、基本的にはボールを受けて散らすというのができたと思います。2点目とかはゴメスくん(堀米悠斗選手)やサチくん(戸嶋祥郎選手)とワンツーしながら相手陣内に侵入して、レオ(レオナルド選手)にパスを出して、そこからはレオとシルビ(シルビーニョ選手)の個の力でしたけど、いいシーンがつくれたかなと思います」

(残り 1866文字/全文: 2291文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック