【サッカーパック人気4位】 「気がつけばチーム最年長。昭和生まれも自分だけ。でも自分はチームの先頭…

ニイガタフットボールプレス

【インタビュー】~cmパスを操る男、秋山裕紀~(その1)

数メートルどころか、数センチの差、タイミングを計ってパスを通し、攻撃を組み立てる。2019年シーズン最後に登場したボランチが、そのキックに込める思いとは。そして精緻で多彩なそのパスは、2020年、僕たちをどんな高みへ導いてくれるのか。

■たくさんの学びがあった1年

――プロ1年目。秋山選手にとって、長かったでしょうか。それとも早かったでしょうか。

「早かったですね」

――試合に出るようになるまで、時間が掛かりました。だけど……。

「早かったです。シーズンの最後にようやく試合に絡めるようになって、でもすぐに終わってしまって、『もう?』という感覚です。

出ていなかった期間も、耐えて辛かったとか、長いという感じではなかったですね。もちろん悔しかったし、一日も早く試合に出たい気持ちはありました。でも、焦りがあったわけじゃないので。

自分がやるべきことをしっかりやろうと考えながらやれていたし、課題は毎日の練習から出てきます。それに対して、自分がどれだけ逃げずに、前向きに取り組めるか。それが、プロのサッカー界では一番大事なことだと思います。

(残り 2518文字/全文: 2982文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック