【サッカー人気1位】【J2魔境】ターンオーバーで連勝。後半…

ニイガタフットボールプレス

【聖籠ノート】「第一種接近遭遇」

■ビッグな名前が次々と

スペイン、バルセロナから日本まで空路、さらに日本に着いてから陸路で新潟入りしたわけですから、トータルの移動時間は24時間以上かかったのではないでしょうか。疲れはあったはずです。それでも、アルベルト・プッチ・オルトネダ新監督は、30分を越す会見で、丁寧に、なにより情熱を込めて質問に答え続けてくれました。

監督の話にたびたび登場したのが、リスペクトということば。昨年11月、アメリカのメディア、PRO SOCCER USAのインタビューに、「いつかは日本で仕事をしたいと考えていた。それは、リスペクトがあるから」と語ったアルベルト監督ですが、なぜ敬意を持つ必要があるのでしょうか。その理由を、次のように話しました。

(残り 644文字/全文: 958文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック