【サッカー人気3位】AFCチャンピオンズリーグ2試合に先発…

ニイガタフットボールプレス

【インタビュー】~2020年のフォルム 玉乃淳GMに聞く~(第1回)「プッチと2人で話したのは、ハングリーさあふれる集団にしようということです」

アルベルト・プッチ・オルトネダ監督のもと、新たなチャレンジが始まった2020年。チームを形作る上で大きな役割を担うのが、昨年12月に就任した玉乃淳GMです。「スペイン」という強力な共通項を持つ新ポストは、どのような化学変化をチームにもたらせるでしょうか。

■サッカーの話が終わらない

――アルビレックス新潟に新しく設けられたゼネラルマネージャー(GM)という役職に、昨年12月に就任されました。クラブの中で、どのような位置づけになるのでしょうか。

「是永(大輔)社長を補佐するのが主な役割です。選手の補強の最高責任者であり、それだけではなく、新潟がさまざまな事業を展開する上で、クラブと強化との間に立って、両者をつなぐこともやっていきたいと思っています」

――これまで補強は強化部が担ってきました。そこに新たにGMが置かれることによって、どういう効果が期待されますか?

「今シーズン、監督や首脳陣がスペイン人になりました。彼らの意向をくみつつ、同時にクラブが行うさまざまな事業の先には、サポートしてくださるみなさんがいます。その間をつなぐことですね。逆もしかりで、どうすれば新潟の選手や監督・スタッフを、対外的に、より効果的に見せていけるか、マネージメントしていくのか。その間に立って、両方がより物事を進めやすくするというのが、主な仕事になります」

(残り 2491文字/全文: 3060文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック