【サッカー人気1位】J2第1節大宮アルディージャ戦「優勢に…

ニイガタフットボールプレス

【春野ノート】「リスクヘッジ」

■パスサッカーを目指すからこそ

午後のトレーニング終わりの円陣で、アルベルト監督は選手たちに、オスカル・ヘッドコーチとエウ・フィジコのふたりに拍手を送るよう、求めました。

「今日の最後のメニューは、昨夜、私が彼らに『こういう目的のトレーニングをしたい』と伝えて、それから、ああでもない、こうでもないとふたりで3時間も考えて作ってくれたものなんです。寝る時間を削ってがんばったふたりに、拍手を(笑)」

ミッドフィールドで4人でボールを回す攻撃チームに、時間差で守備側4人のプレッシャーが掛かる。攻撃側はプレスをはがして展開、シュートへ。守備側は奪って素早くカウンター、シュートへ。走る距離とスプリントの要素も盛り込まれ、フィジカルトレーニングとしてのニュアンスもありました。

(残り 1878文字/全文: 2212文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック