【サッカー人気5位】J1注目マッチ:FC東京vs柏レイソル

ニイガタフットボールプレス

【インタビュー】~達也のツボ(2)~「まず守備から始まったのは意外でした」

はつらつとピッチを駆ける田中達也選手の姿は、まさに眼福。そして2020年シーズンも、私たちは達也選手とともに戦うことができるのです。何よりバルセロニスタ(バルササポ)、グアルディオラファンの達也選手にとって、FCバルセロナにゆかりあるアルベルト監督の登場は、サッカー的好奇心のツボを押さえられまくりなのではないでしょうか!?

(1)はこちら

■すぐに囲い込むのがバルサ風

――バルセロニスタ(バルサ主義者)、ペップ・グアルディオラ大好きな田中達也選手からすれば、アルベルト監督の下でシーズンが始まるのが、楽しみで仕方なかったのでは?

「そうですね。まだ始まったばかりで、そんなに詳しくやってるわけではないですけど、ひとつひとつの練習メニューが、『ああ、あのサッカーをやるには、こういうことやるんだ』という発見ばかりです。基本的に、どの練習もやったことがないですし」

――ピッチサイドから練習を見ているだけで面白いんだから、やっている選手は相当面白いんだろうな、と思いながら、僕も毎回、取材しています。

「だから、やっぱり考えることが多いんですよね、アルベルト監督の練習は。体がきついというより。

もちろん、しっかり負荷も掛かっているんですけど、ほとんどの練習がワンタッチか、ツータッチ。それを試合でも求められてくるのかな、と思ってます。ドリブルより、シンプルに効率よくプレーするっていうのは、今、意識しているところです」

(残り 2428文字/全文: 3031文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック