【サッカー人気4位】埼スタに変化が…… 武藤雄樹と荻原拓也…

ニイガタフットボールプレス

【春野ノート】「感謝の気持ち」

■私が新潟に残せたもの

その朝、トレーニングが始まる前の円陣で、カウエ選手ひとりが私服のままでした。そして、アルベルト監督は、選手たちにこう語り掛けました。

「私はチームに来て2週間だが、カウエというすばらしいプロサッカー選手と出会うことができた。チームの若い選手たちは、プロとして存在意義を証明し続けようとする彼から、多くのことを学ばないといけない。彼が在籍した1年半、良いときだけではなく、難しいときにもチームのためにすばらしいプレーをしてくれたことは、私より君たちの方がよく知っているはずだ。私はチームを代表して、心からカウエに感謝の気持ちを述べ、そして今後の幸運を願う」

続いてカウエ選手は、こうあいさつしました。「私は新しい挑戦をするために、このチームにやって来た。今、また新しい挑戦が始まる。この世界で生きていくので、またどこかでみんなに会えると信じている。本当にありがとう」。

あいさつを終えると、選手、監督、スタッフひとりひとりと握手し、ハグをして回ったカウエ選手。取材者の僕にも握手し、ハグしてくれました。

以下は、それからカウエ選手に取材して聞いた話です。クラブからリリースが出るまで記事化しなかったことを、どうかご理解ください。そして、話を聞いてからタイムラグがあることも、ご承知おきください。

(残り 805文字/全文: 1358文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック