【サッカー人気5位】「面白いサッカー」が約束されている清水…

ニイガタフットボールプレス

【春野ノート】「切り替えの局面で」

■守備に重点

午前、午後の2部練習となった今日は、村松尚登通訳にとって、いつも以上に大忙しの一日となりました。午前はプレスの掛け方について、午後はセットプレーの守備について、選手たちに多くの説明がなされたからです。

午後のトレーニングを主導したのはオスカル・エルナンデス・コーチでした。ミーティングに続き、ピッチでの確認作業を行って午後のトレーニングは終了。その後、舞行龍選手と堀米悠斗選手が守備のとき、いかに状況をコントロールするか、オスカル・コーチとピッチ上で話し合う場にいた村松通訳は、その輪が解けると、ゴンサロ・ゴンザレス選手への取材を通訳するために、こちらに走って来てくれました。

ミーティング、そして実際にボールを使ってのトレーニングと、守備に多くの時間が割かれたのは、おとといのFC今治とのトレーニングゲームを踏まえ、改善するためです。チームが目指すのは、いわば「守備のための守備」ではなく、「攻撃のための守備」。昨季、ウルグアイ1部で30試合に出場したボランチのゴンサロ選手は、アルベルト監督やオスカル・コーチの指示を母語のスペイン語でダイレクトに理解し、実践する能力の持ち主です。攻守が切り替わる局面での存在感が増す16番に、話を聞きました。

(残り 983文字/全文: 1510文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック