【サッカー人気3位】伊藤涼太郎が大槻監督に直訴していたこと…

ニイガタフットボールプレス

【春野ノート】「覆す!」

■何度もゴールネットを揺らせて

FW陣の中で、自分の立場は下の方だ――というのが、田中達也選手の現時点での自己評価。でもそれは、謙遜(けんそん)では? そう思わずにいられないのは、キャンプ中の達也選手が、本当にはつらつとトレーニング、トレーニングゲームに臨んでいるからです。

同時に、達也選手の性格からすれば、本心からの自己評価でもあると、感じます。『ここから状況を覆していく!』という強烈な思いが、プレーにみなぎっています。これが、20年目の合宿(達也選手は「キャンプ」について、よく「合宿」ということばを使います)で、ベテランFWに目を奪われてしまう理由なのです。

(残り 2509文字/全文: 2790文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック