【サッカー人気5位】【マリノスうぉっち】松原健はガンバ戦を…

ニイガタフットボールプレス

【春野ノート】「前への勇気」

■自分たちがボールを持ったとき

2部練習となった今日のトレーニングで、内容は一気にオンザボールの部分に踏み込みました。これまで強調されてきた切り替えと球際の部分も、もちろん継続して取り組む課題ですが、それに加えて「ボールの受け方」、「ボールの運び方」のところにグッとフォーカスされました。

午後のトレーニングでは、ピッチをエリアで区切っての意識付けが行われました。最終ラインからいかにボールをテンポよく動かし、各選手がポジションを取りながらグループで前進するのか。これまでの感覚でいけば、『だめなら、やり直そう』という状況でも、アルベルト監督が求め続けたのは前に向かう姿勢でした。

(残り 1408文字/全文: 1696文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック