【サッカー人気2位】リスペクトせざるをえない川崎フロンター…

ニイガタフットボールプレス

【カピトンとして】「去年以上の貢献を」~シルビーニョ選手インタビュー②~

今季のチームは堀米悠斗選手、そしてシルビーニョ選手の、キャプテン2人体制となります。昨シーズンの後半、高い技術を発揮して攻撃の中心となったシルビーニョ選手。ピッチの内外で、2020年のチームをどうけん引しようと考えているのでしょうか。

➀はこちら

■ファビオへのアドバイス

――高知キャンプのトレーニングで、アルベルト監督はディフェンスにかなりの重点を置いてきました。

「監督は新潟に来るまでに、しっかりと去年のチームを分析しています。その上でこれだけディフェンスについて求められるわけですから、それが勝つためにまず必要だということだと受け止めています。J1に上がるために、全員で守る。そして、全員で攻める。それを抜きに、勝ちを重ねていくのは難しいでしょう」

――シルビーニョ選手自身のプレーのテンポを、監督が求めるテンポにどう適応させていきますか?

「自分自身は、監督のサッカーはスタイルに合っていると思います。ですが昨年、日本でプレーして見て、ときにはボールをゆっくり動かしてテンポを落ち着かせないといけなかった。そういうすり合わせは、今シーズンも不可欠です。

自分はコンビネーション、特にワンツーでスピードアップするのが好きなんです。キャンプでは、まだ今ひとつ合わない部分がありますが、時間はあります。しっかりトレーニングして、良い状態で開幕を迎えられれば」

(残り 2145文字/全文: 2720文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック