【サッカー人気2位】高木琢也監督/指揮を執って2年目。スタ…

ニイガタフットボールプレス

【春野ノート】「変化を支えるGK陣」

■加速しながら

高知キャンプが終了しました。この1カ月間、ピッチには何度も“速い”という意味のスペイン語、ラピドが飛び交いました。パスのスピード、切り替え、プレーのリズム、テンポ。さまざまな場面で、さらなるスピードアップが追及されています。

さて、このスピード感。ただ急ぐことではない。ましてや慌てたり焦ってミスが増えれば、元も子もありません。今日の、コンビネーションからのシュート練習で、アルベルト監督はボールを動かす位置によって速さに変化を付けることを求めました。これによって整理されるところは、かなりありそうです。

監督が示したイメージは、こうです。ビルドアップの最初の段階でのパススピード。かなりよくなっているけれど、もっと上げたい。そしてボールが前に運ばれるにしたがって、そこに選手の動きとアイディアを加えていく。メリハリの利いた、加速する攻撃のイメージが一気に膨らみました。

(残り 1994文字/全文: 2384文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック