【サッカー人気2位】緊急事態宣言解除、ひらちゃんインタビュ…

ニイガタフットボールプレス

【Voice of the Pitch】~聞かせて、オスカル・コーチ!~(第4回)「シーズン開幕」

アルベルト監督の隣に立つ、オスカル・エルナンデス・コーチ。ときにはエウ・ガヴィラン・フィジカルコーチも交え、彼らが熱心に対話する光景を、さまざまな場面で見ることができます。今季のチームづくりを推し進める上で、最重要な意味を持つコーチングユニットのひとり、オスカル・コーチに話をうかがいます。

第3回はこちら

■冷静な私も…

――オスカル・コーチにとってのJリーグデビュー、開幕のザスパクサツ群馬戦について聞かせてください。試合の前の夜は、よく眠れましたか?

「試合前日は、落ち着いて過ごすことができました。夕食のあと、ナオト(村松尚登通訳)と散歩にも行きました(笑)。

落ち着いていられたのは、良い準備をして試合に臨むことができたからです。そこまでにやるべきことを考えると、不安に感じる要素はとても少なかった。フェイスタイムで、今はまだスペインにいる奥さんや娘とも話すことができたし、ぐっすり眠りました。

試合当日は、当然のように緊張感がありました。会場に着くと、たくさんのサポーターがいたことも気持ちに影響しました。ここでも私は不安を感じることはありませんでした。待ち望んでいた開幕がもうすぐだという良い緊張感とともに、試合までの時間を過ごすことができました。

(残り 1381文字/全文: 1906文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック