【サッカー人気1位】4-3-3のトレンドにあえて逆行する川…

ニイガタフットボールプレス

【2020年のre:start】~19年12月編/6番目に読まれた記事~

リーグが中断して2カ月。2度目のプレシーズンのようです。そこで、いま一度、2020年のチームへの期待値に注目! 昨年12月から今年2月まで、月ごとに記事のビューワー数を集計、カウントダウンしていくことで、読者のみなさんが新チームにどのような関心を持っていたのかを探ります。

2019年12月
10位/【2年前、彼らのドイツ修学旅行】~引率のウチさん&クロさんが語る本間至恩選手&岡本將成選手②~(12月4日掲載)
9位/【インタビュー】~cmパスを操る男、秋山裕紀~(その2)(12月10日掲載)
8位/【インタビュー】~cmパスを操る男、秋山裕紀~(その1)(12月9日掲載)
7位/【インタビュー】~STEP!! 本間至恩~(その1)(12月23日掲載)
6位/【インタビュー】~そのCB、快足につき。岡本將成~(その5)(12月20日掲載)
5位/?
4位/?
3位/?
2位/?
1位/?

[CLOSE UP]
時速35キロは、自分の最高時速です。走行距離やスプリント回数、強度もデータとして出るんですけど、自分は時速がいつも気になります。フランシスより、ちょっと速いくらいです。

そこ(足の速さ)は絶対に負けたくない。よく、『動かないCBがいいCB』って言われますけど、自分はそんなCBにはなりたくない! どんどん走り回りたいです。

昨年12月、6番目に多く読まれた記事は、育成組織出身の俊足センターバック、岡本將成選手インタビューの5回目でした。

プロ1年目、シーズン中盤に試合出場を重ねた將成選手は、持ち前のスピードを生かしたスペースのカバーリングで存在感を発揮してくれました。アルベルト監督の下、今季のチームは、ラインを高くして、ボールの奪いどころを前めに設定します。それだけに、背後のスペースは昨年以上に広大になる。俊足の生かし甲斐もあります。

そして將成選手は、今回だけではなく、インタビューの要所でアイドル好きな一面を語ってくれました。その語り口は意外なほど冗舌。しかし、熱くなりすぎずに淡々としゃべり続ける独特なトーンで、取材をしていてとても新鮮でした。

reported by 大中祐二

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック