【サッカー人気4位】Jリーグ再開までの低くないハードル。ト…

ニイガタフットボールプレス

【2020年のre:start】~20年2月編/10番目に読まれた記事~

リーグが中断して3カ月。現在は2度目のプレシーズンのようです。そこで、いま一度、2020年のチームへの「期待値」に注目します。昨年12月から今年2月まで、月ごとに記事のビューワー数を集計。カウントダウンしていくことで、皆さんが新チームにどのような関心を持っているかを探ります。

■そのアグレッシブさに注目

2020年2月
10位/【春野ノート】「より具体的な段階へ」(2月3日掲載)
9位/?
8位/?
7位/?
6位/?
5位/?
4位/?
3位/?
2位/?
1位/?

[CLOSE UP]

「前からボールを取りに行く分、コンパクトにしなきゃいけないし、ディフェンスラインからすれば、自分たちの背後にスペースを空けることになります。けど、コンパクトにして奪えれば、より勢いを持って前に行けるし、そういう意味では、ここからさらにどうなるのか、楽しみな気持ちを、午後の練習だけでも感じることができました」(新井直人)

高知キャンプも折り返した2月3日掲載の春野ノートが、2020年2月で10番目に多く読まれた記事となりました。「より具体的な段階へ」とタイトルにもあるように、チーム戦術をつくり込んでいく作業が始まった時期です。

アルベルト監督がチームに求める原則は明快です。強く、速くボールを動かし、パスを回すことと、失った瞬間に切り替え、奪い返しに行く2点。2月3日の午後は、ミーティングを含め、2時間近い長さのトレーニングで、シチュエーションに応じたボールの奪い返しに行く「呼吸」のすり合わせが行われました。

キャンプそれまでのアルベルト監督のトレーニングは、短く、高強度で、というイメージがありましたから、この日の午後はいっそうチームづくりが次の段階に入ったことを印象付けるものになったのです。

クローズアップとして取り上げたのは、2年目、新井直人選手のミニインタビュー。1年前の高知では、練習生として参加していた直人選手。昨シーズンの活躍は、とても印象的でしたね!

直人選手のボールを奪い切る球際での強さと、そこから正確に展開できる配球力、守備でも受け身に回らないアグレッシブさは、アルベルト監督の目指すサッカーの中で、どのように輝くでしょうか。両サイドバック、CB、そしてボランチと、複数のポジションでプレーできる直人選手。ポジションをつかみ取りにいく意欲が、リスタートするチームの活力となることに期待しています。

reported by 大中祐二

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック