【サッカー人気4位】再開後、対照的な両者が対戦。限られた準…

ニイガタフットボールプレス

【2020年のre:start】~闘志のかたち~島田譲インタビュー③「すごいことができるんじゃないかと感じ始めています」

いよいよJ2リーグが再開します。中断期間中、さまざまな趣向の企画をお届けしてきたシリーズ【2020年のre;start】。27日の第2節ヴァンフォーレ甲府戦まで秒読み段階に入った今、頼もしきボランチの連続インタビュー、第3回はシーズン再開に臨む意気込みをうかがいます。

②はこちら

■互いの特徴を理解し合えている

――現在のトレーニングでも、高知キャンプや開幕のザスパクサツ群馬戦(○3-0)に向けてやっていたことを深める作業が続いているのでしょうか?

「基本的にはそうですね」

――その中で、今、チームが良くなってきていると感じる部分は?

「追及する者、理想とするサッカーがもともとはっきりある中で、アルベルト監督は、敵に勝つためにはどうするかというのを、ずっと選手たちに言い続けてきました。分かりやすくいえば、パスをつないできれいに崩すバルサのようなサッカーが目標だけれど、勝つためには、たとえば相手がプレスを掛けてきたら、裏に長いボールを蹴ったり、シンプルにクリアすることもやっていく。そういうところのバランスを、選手も感じ取りながらプレーできるようになってきて、かなり監督のイメージに近づいてきたのかな、と思います。

(残り 1711文字/全文: 2217文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック