【サッカー人気5位】【フクロウの時報】武蔵のオファーは想定…

ニイガタフットボールプレス

【Voice from the Pitch】「ユーティリティー、2年目のかたち」新井直人選手インタビュー③

再開後のリーグで、少数編成の今季のチームがこれから連戦に挑むとき。両サイドバック、CB、ボランチでプレーできる万能性は、いっそう重要な意味を持ってくるだろう。より、チームを勝たせられる存在へ。2年目のユーティリティープレーヤーに聞く。

②はこちら

■僕たちは、そこに立っているだけじゃない

――甲府戦の先制点の場面などは特にそうですが、ポジショナルプレー、5レーンといった用語を連想させるポジションの取り方を、新潟の選手が見せつつあります。

「アルベルト監督は、たとえば5レーンという言葉を使うわけではないですが、クロスからのシュート練習のときにあらかじめ立てられている人形の配置だったり、ポゼッション練習で求められることに、そうした要素が入ってきています。それもあって、選手同士のコミュニケーションが本当に増えました。『今のはこうだよね』『こうした方がいいよね』というのが、それぞれポジションの近い選手同士でできていて、その積み重ねがプレーの再現性という形で表れつつあるんじゃないでしょうか。選手それぞれが同じイメージを描き、試合になれば11人で表現できるようになってきたのを感じます」

(残り 1837文字/全文: 2327文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック