【サッカー人気3位】錦糸町フットボール義勇軍に「解散はない…

ニイガタフットボールプレス

【頼もう、感想戦!feat.成岡翔】~明治安田J2第3節・金沢戦~「守備を引き締め、攻撃はより大胆に!」vol.3

ピックアップしたゲームを選りすぐりの論客と語り尽くす新企画。第2弾はホーム開幕の第3節・金沢戦について、成岡翔さんとの感想戦です。幸先よく先制しながら、およそ想像できない形で決着した、この試合。「修正点はあるけれど、いいところもたくさんあった」と成岡さんは見ています。

vol.2はこちら

■僕がいたときの新潟とは違います

――第3節(●3-5金沢)、相手チームを率いたのは、新潟に縁の深い柳下正明監督でしたが、金沢のサッカーはどのように映りましたか?

「やっぱり守備は人に来るんだな、という印象です。特に前半はいい守備をしていて、新潟も苦しんだと思います。雨が降ってスリッピーなピッチ状態で、無理やり前にボールを付けようとしても寄せが早いから、新潟のミスが出てマイボールにされる展開が続いていました。そういう試合になる辺りが、実にヤンツーさん(柳下監督)らしい。ポゼッション自体は新潟の方が高かったですが、前線にボールが入ったところで金沢にボールを奪われ、カウンターからのピンチもありました。金沢は、非常にヤンツーさん的なサッカーをしていましたね」

――ある意味、狙いが真逆なチーム同士の対戦で、ポゼッション、カウンター、どちらでペースを握るのか、という試合でした。強い雨が降り続けた影響はあったと思いますか?

「本来は雨でもやれるサッカーなんですよ、新潟からすれば。パスするとき、ボールが走るから。そこで金沢を圧倒できなかったということは、ボールを扱う技術的、戦術的な問題があるのかもしれない。それは見方を変えれば、のびしろだと捉えることもできます。チームはさらに完成度を高めていける」

(残り 2340文字/全文: 3029文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック