今年のJ2大展望LIVE(1/18(火)22時)【J論】

ニイガタフットボールプレス

【聖籠ノート】「最終的に自分のところでボールを奪い切りたいんですよ」~福田晃斗選手インタビュー~

琉球戦の後半に出場してボランチに入ると、驚くべき運動量と鋭い動きでピンチの芽を摘み、チームの活力源となったMF福田晃斗選手。わずか30分足らずのプレーで、抜群の存在感と、これからの期待感をビッグスワンのピッチに刻み込みました。間違いなく、これからのキープレーヤーの1人となる福田選手のミニインタビューをお届けします。

■ボールハントのプロが来た

――新潟デビューとなった琉球戦。ご自身では、どう見ていますか?

「正直、ぶっつけ本番なところがありました。もちろん新潟の選手たちのプレーは映像で見ていましたが、この連戦でトレーニングで合わせることはできませんし、本当にその場で、という感じでした。

それでも状況は1-0で勝っていたし、自分がやるべきことははっきりしていました。バランスを取ることと、ボールを取り切ることを意識してピッチに入りました」

(残り 892文字/全文: 1260文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ