【サッカー人気1位】長谷川健太監督「(ディエゴは)自分で歩…

ニイガタフットボールプレス

【聖籠ノート】~緻密なプレスが物語る~島田譲

■90分間で行き来した流れ

前節アウェイの徳島戦が、大一番だったことはいうまでもない。4分の後半アディショナルタイムが過ぎて、0-0のままホイッスルが吹かれたとき、ボランチの島田譲は崩れるようにピッチに突っ伏した。

あれは、どういう意味だったのか? 2位、徳島との差を詰められなかった失意からだとしても不思議はない。だが、そうだとしたら心配だ。あのとき、何を考えていたのか。島田本人にたずねた。

「もちろん、“勝てなかったなあ”という思い、複雑な気持ちもありましたが、(突っ伏したのは)一番はシンプルに疲れていたからです。出し切ったなあ、と」

3日間のオフを挟み、リフレッシュした島田は、あらためて振り返った。

(残り 1316文字/全文: 1616文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック