【サッカー人気3位】【赤黄の道標】グランパス稲垣が語る川崎…

ニイガタフットボールプレス

【プレビュー】~明治安田生命J2第30節・東京ヴェルディ戦~「攻守ともアグレッシブに3試合ぶりの勝利を目指す!」

■明治安田生命J2第30節/vs東京V
■キックオフ/11月1日(日)14:00
■場所/デンカビッグスワンスタジアム

【見どころ】

東京Vは前節、アウェイで山形と対戦。6分、高く押し上げたラインの背後を敵陣からの縦パス1本で突かれ、抜け出した前新潟、MF渡邊凌磨にすばらしいボールコントロールから流し込まれて先制を許す。32分にはカウンターを受け、渡邊のシュートの跳ね返りを中村駿ペナルティエリア外から蹴り込まれ、前半終了間際にヴィニシウス・アラウージョ、80分に大槻周平にそれぞれクロスから決められ、0-4で敗れた。

今季4度目の5連戦は1勝2分け2敗で終えた東京V。直近3試合は無得点と、ポゼッションを軸とする攻撃的なスタイルを、思うようにゴールに結び付けられていない。山形に敗れて10勝10分け9敗、33得点29失点で11位。

新潟は前節、アウェイで徳島と対戦。昇格への機運を高めるためにも、2位・徳島を打ち倒して勝ち点8差に近づきたい一戦だったが、スコアレスドローに終わった。徳島のポゼッションに対してハイプレスが効果的で、ショートカウンターからたびたび好機を作った一方、決め切れない課題が見えた。11勝12分け6敗、42得点32失点で5位、この5連戦は2勝2分け1敗だった。

(残り 2738文字/全文: 3275文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック