【サッカー人気3位】仲川輝人の公式戦先発は9月16日以来、…

ニイガタフットボールプレス

【第35節・金沢戦コメント】アルベルト監督、堀米悠斗選手、鄭大世選手、柳下正明監督(ツエーゲン金沢)コメント

■明治安田生命J2第35節/○2-1金沢
■キックオフ/11月21日(土)14:03キックオフ
■場所/石川県西部緑地公園陸上競技場

【得点者】〈新潟〉49鄭大世(55分)、31堀米悠斗選手(70分)、〈金沢〉16本塚聖也(67分)

アルベルト監督

「しっかりとコントロールできた90分だった」

「前半、基本的にはしっかりと我々が試合をコントロールする時間が続いていたと思います。ただミスからボールを失い、我々が相手にカウンターアタックのチャンスを与えてしまった場面もありました。

何が理由か分かりませんが、ホームではそのように悪いボールの失い方をすると、すぐに失点してしまうことが今シーズン、多かった。ですが、アウェイでは逆に我々のミスから生まれる相手のカウンターアタックでは失点をしない。今日も、そのような流れの試合となりました。

後半も引き続き、我々が試合をコントロールし、決定機をつくっていたので、2点以上の得点をできていたと思います。一方で前半に引き続き嫌なボールの失い方をして、そのうちの一つから1失点しました。

この過密スケジュールもあって、選手たちは疲労が溜まっていますが、今日もすばらしいプレー、努力をピッチで90分間にわたって表現してくれました。彼らをあらためて誇りに思います。そして、新潟からはるばる応援に来てくれたサポーターのみなさんに、あらためて感謝の気持ちを伝えたいと思います」

(残り 2539文字/全文: 3133文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック