【サッカー人気3位】大津祐樹のジュビロ磐田への移籍は、ひと…

ニイガタフットボールプレス

【第37節・長崎戦コメント】アルベルト監督、鄭大世選手コメント

■明治安田生命J2第37節/●0-2長崎
■キックオフ/11月28日(土)14:03キックオフ
■場所/トランスコスモススタジアム長崎

【得点者】〈新潟〉なし、〈長崎〉9富樫敬真(30分)、25エジガル・ジュニオ(67分)

アルベルト監督

「今季の我々を物語る試合だった」

「長崎という強いライバルチームを相手に、我々はあらゆる面で良いプレーができていましたが、点数では上回られました。相手は明確な2つのチャンスを生かし、2得点しました。我々はゲームを支配する時間が長く、より多くのチャンスをつくりましたが、決定力を欠いて得点できませんでした。

多くのけが人がいて、慣れないポジションでプレーしなければならない選手もいる。そういう状況で良い試合を見せられたことを、あらためて誇りに思います。

今季の我々を物語るような展開でした。チームは成長し、良いプレーをより長くできるようになり、チャンスも多くつくれていた。しかし決定力を欠いた。今季を象徴する試合でした。

それからもう一つ。サッカーの重要なポイントはレフェリーですが、今日のレフェリングはすばらしかったです」

(残り 775文字/全文: 1247文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック