【サッカー人気5位】火花散る直接対決。希望をつなげるために…

ニイガタフットボールプレス

【第41節・山口戦コメント】アルベルト監督コメント「良いプレーがまったくできなかった」

■明治安田生命J2第41節/●0-1山口
■キックオフ/12月13日(水)19:03キックオフ
■場所/維新みらいふスタジアム

【得点者】〈新潟〉なし、〈山口〉11高井和馬(66分)

アルベルト監督

「良いプレーがまったくできなかった」

「前半、相手がハイプレスを掛けてくることを予想していたので、ディフェンスラインの背後にあるスペースを狙うという意図を持って、試合をスタートしました。いくつか、明確ではないにせよチャンスをつくれていたと思います。後半、スタートから15~20分は集中してスタートできましたが、良い形で試合をコントロールできませんでした。フィジカルコンディションだけではなく、メンタル的にも疲労している中、足下でのボールも落ち着いていなかったし、判断も悪かった。今日は良いプレーがまったくできませんでした。私も当然、責任を感じている。あと1試合残っています。その1試合を早く戦って、今シーズンを終えたいと思います」

――残り1試合を早く戦い終えたいというのは、現状、チームの修正が効かないということでしょうか?

「そうではありません。来季のことを考えるのではなく、今季をきっちり終えることに集中したいと思います。今シーズンを通じて見受けられなかったミス、たとえばシンプルなパスミスが、ここ数試合、出てきているのはフィジカル、そしてメンタル的に疲労が溜まり過ぎているからだと思います。

とてもシンプルなミスを、選手たちは今、犯しています。しかし、そのようなミスは過去、ありませんでした。けが人を含め、8人が離脱している中、同じ選手がプレーし続けて疲労が溜まり続けているのが現状です」

reported by 大中祐二

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ