【サッカー人気1位】秩序と混沌のどちらを求めるか ピッチに…

ニイガタフットボールプレス

【春野ノート】~2021年のチームは細部にこだわる~

■よりリアルに

3週間の高知キャンプでのトレーニングが終了した。実際に取材したのは4日間だったが、1年前とは比べものにならないほど、選手たちがスムーズにプレーしていると感じた。

初めてチームを率いるスペイン人のアルベルト監督が、何を求め、どういうサッカーを目指すのか。去年は、選手たちは一から学ぶ必要があった。

今年は違う。

「チームの中心選手が残り、ベースがある状態でプレシーズンをスタートしました。今年は細部にこだわりながら、最初からできている。昨年の課題の改善にも取り組めてもいます。寺川(能人)強化部長のおかげで、新加入選手もとても良い形で適応しています」

アルベルト監督も納得の表情だ。

(残り 1074文字/全文: 1367文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ