【サッカー人気5位】【特別対談】元川悦子と語る”第二の遠藤…

ニイガタフットボールプレス

【Voice of the Pitch】~高宇洋インタビュー~「狙ったボールは逃さない」

一気の加速で間合いを詰め、タフな球際でボールを奪い去る。圧倒的な熱量のボランチが、逆転昇格に向けてスパートを掛けるチームで躍動する!

■目の前の相手を絶対に倒す

開幕から快進撃だったシーズン序盤を経て、チームは思うように勝利を積み上げられない難しい時期を経験した。終盤の現在、先を行く京都、磐田を激しく追撃する態勢を取りつつある。その中であらためて意識するのが、ボランチとしてのタスクだ。それは、「自分の良さをチームに還元できる」自信があるからにほかならない。

最終ラインからパスをつなぎ、ビルドアップしながら攻めるのがチームの基本スタイル。それを機能させるため、「いかに後ろからボールを引き出し、前線につないでいくかが僕の役割」と自認する。同時に、「良い守備から良い攻撃というのが自分の理想。自分がボールを奪ってチャンスにつなげるプレーの回数を増やしていきたい」とする。つなぐ、がキーワードだ。

(残り 1548文字/全文: 1943文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ