【サッカー人気1位】今季ラスト10試合が始まる 勝利の流れ…

ニイガタフットボールプレス

【頼もう、感想戦!feat.平澤大輔】~明治安田生命J2リーグ第33節vsレノファ山口 vol.2~「技術のゴール」

猛烈なプレスを受け、自分たちのペースに持ち込めずに苦しみながらも勝利した第33節・山口戦を、元サッカーマガジン編集長の平澤大輔さんと語り尽くします。勝ったからこそ、開ける視界。進むべき道を探っていきます。

■みんなの意図がつながって

――山口のハイプレスに苦しんだだけに、得点シーンはすばらしかったです。

「本当に。何しろ、鈴木孝司選手が決めてくれたことがうれしい」

――そうですよね。ここでチームを救う大仕事でしたからね。試合の後に電話で話した新潟日報のアルビ担当、西巻賢介記者も『孝司さんが決めてくれたのが最高だった』と言っていました。西巻記者は試合に絡めていない時期も含め、よく鈴木選手に話を聞いていて、彼曰く、『孝司さんのサッカートークはめちゃめちゃ面白い』らしいんです。今回の山口戦後のインタビューからも、それが伝わってきました。

「それでいて、ピッチの上で戦う姿勢もすごい。相手とにらみ合いになったり。そのギャップがいいですよね。キャラクターがいい」

――山口戦のDAZNのフラッシュインタビューでも、「けっこう後ろからバチバチ来られていて、審判と話をしたら『後ろからのファウルはあまり取らないよ』と言われてFWとしてはちょっと厳しかった」というコメントをさりげなく挟んでましたね(笑)。ユニークだなあ。

「得点シーンは鈴木選手のヘディングでの落としがすばらしかったし、何といっても高木善朗選手のパスが最高でした。ボールの落ち際を右足アウトでスパーンと叩いたパス、見ていてもすごく気持ちがよかった」

(残り 1682文字/全文: 2358文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ