ニイガタフットボールプレス

【Voice of the Pitch】~ユズがゆく~島田譲インタビューvol.1「前に!」

ボランチとして攻守のつなぎ役となり、「ここぞ!」という瞬間を逃さず攻めに出て、守りの場面では体を張ってピンチの芽を摘む。2022シーズン、ピッチの内外で、そのリーダーシップはますます存在感を増すはずだ。進化し続ける島田譲に、新潟3年目の意気込みを聞く。

■走る、また走る

――2022年もよろしくお願いいたします!

「よろしくお願いします!」

――新潟は寒いですか?

「今は新潟にいないんですよ。岡山の妻の実家に帰ってきていて」

――いよいよチームが始動します。新潟3年目の2022年は、どのようなキャンプにしたいと考えていますか?

「正直、まだそんなにイメージは湧いていないのですが、監督がアルベルト(現FC東京監督)からリキさん(松橋力蔵)に変わり、サッカーにも変化が出てくると思います。選手間でできる限り詰めて、まずはそこをしっかり理解したいですね。

チーム編成的には大きくは変わらないから、新しく入ってくる選手ともできるだけ早く方向性を共有したいと思います。細かい部分を修正しつつ、コミュニケーションを取ってやれれば」

(残り 2986文字/全文: 3441文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ