【サッカー人気5位】江坂任がリーグ優勝のために求められる得…

ニイガタフットボールプレス

【Voice of the Pitch】~ユズがゆく~島田譲インタビューvol.5「こだわる」


ボランチとして攻守のつなぎ役となり、「ここぞ!」という瞬間を逃さず攻めに出て、守りの場面では体を張ってピンチの芽を摘む。2022シーズン、ピッチの内外で、そのリーダーシップはますます存在感を増すはずだ。進化し続ける島田譲に、新潟3年目の意気込みを聞く。

■そのとき、潮目が変わった

――昨シーズンの長崎戦(第34節△1-1)ではセンターバック2枚とボランチ2枚が残ることになっていたという先ほどのお話なんですが、そのあたりを意識するようになったのはシーズン途中からですよね?

「そうです。アウェイで磐田にボコボコにされましたよね」

――前半で3失点した負け試合(第21節●2-3)。

「あの試合は、かなりリスクを冒す布陣で臨んだんですよ」

――本間至恩選手と三戸舜介選手が両ウイングとして並び立ちました。

「さらにハーフスペースに両サイドバックが入っていって、ボランチも縦関係になろう、という準備を進めていたんです。後ろはCB2枚とボランチ1枚の3枚でリスクマネージメントをしよう、という感じで。

(残り 2728文字/全文: 3169文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ