ニイガタフットボールプレス

【頼もう、感想戦!feat.成岡翔】~明治安田生命J2第1節・仙台戦vol.2~「ボランチが3人」

いよいよ、2022シーズンが開幕。第1節・仙台戦を語り尽くすのは成岡翔さんです。昨季から何が継続され、どのような上積みが期待できるのか。翔さんの話が進むほど、わくわくが止まりません!

■新潟本来の戦いができていた

――仙台戦を見ていて、心配していた調整不足な様子はまるで見られませんでした。思ったよりもずっとやれていると感じる一方で、『これからコンディションが上がってくれば、このパスも通るようになるだろうな』というチャレンジもたくさんありましたね。

「正直にいえば、勝ちたかったですね。勝てた試合だったと思うし、勝たなければならなかった。仙台の試合の入りもよくなかったですから。フォーメーションの兼ね合いもあったでしょう。仙台はJ1から降格してきて、開幕戦、それもホームだから絶対に勝たなければならないというプレッシャーも、相当だったはずです。

そういう仙台がやりづらそうにしているところを、新潟は十分には感じ取れていませんでした。不安定な仙台の隙をビシッと突いて勝ちたかったという思いは強いですね」

――試合が始まると、仙台の反応も意外でした。もっとガツガツ取りに来るのかと思いましたが、割とすぐに引いて守備をセットして戦うようになったので。

「仙台の選手は、『あれ? プレッシャーに行けないな』となったんじゃないですかね。新潟のクオリティーの高いビルドアップにはがされて。『ボールを取りに行けないぞ』と相手が下がるのは、新潟本来の戦いの進み方ともいえるでしょう。そういう試合の流れに持っていったところに、新潟ペースを感じます。『おかしいぞ、思うようにいかないぞ』とずっと感じながらのプレーになって、仙台としては90分通してやりづらかったんじゃないかな」

(残り 2568文字/全文: 3318文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ