ニイガタフットボールプレス

【レビュー】~明治安田生命J2第6節vsザスパクサツ群馬~「チームは変わる」

■明治安田生命J2第6節/〇3-2群馬
■キックオフ/3月26日(土)14:03
■場所/デンカビッグスワンスタジアム
■入場者数/9,266人
■天候/雨、気温/15.9℃、湿度/44%

【メンバー】
[新潟]4-2-3-1:GK1小島亨介、DF32長谷川巧(78分OUT)、5舞行龍ジェームズ、50田上大地、31堀米悠斗、MF8高宇洋、20島田譲、13伊藤涼太郎(61分OUT)、33高木善朗(78分OUT)、10本間至恩、FW7谷口海斗(90分OUT)、SUB GK21阿部航斗、DF15渡邊泰基、25藤原奏哉78分IN)、35千葉和彦、MF22松田詠太郎(61分IN)、6秋山裕紀(78分IN)、FW23小見洋太(90分IN)、監督:松橋力蔵

[群馬] 4-4-2:GK21櫛引政敏、DF25小島雅也、2城和隼颯、3畑尾大翔、17山中惇希、MF38天笠泰輝(68分OUT)、15風間宏希、8岩上祐三(73分OUT)、10田中稔也(73分OUT)、FW7加藤潤也、23平松宗(46*分OUT)、SUB GK44山田晃士、DF32渡辺広大、4川上優樹、MF16久保田和音(73分IN)、27奥村晃司(73分IN)、FW11深堀隼平(46*分IN)、39髙木彰人(68分IN)、監督:大槻毅

[審判]主審:上田益也、副審:竹田明弘、大矢充、第4の審判員:宇治原拓也

【得点者】〈新潟〉谷口海斗(10分、21分)、田上大地(67分)、〈群馬〉オウンゴール(50分)、城和隼颯(90+2分)

【警告】〈新潟〉なし、〈群馬〉なし

【退場】〈新潟〉なし、〈群馬〉なし

【SUMMARY】

前節に続き4-2-3-1の新潟は、4分にボランチのMF高が左サイドの深い位置で連係に絡み、シュートを放つなど、立ち上がりから厚みのある攻撃を展開する。今季初先発となったDF田上も運動量を生かし、最終ラインを高く保ったチームは群馬を押し込む。10分にはカットインしたDF長谷川のすばらしいスルーパスをFW谷口が滑りながら右のつま先で合わせて2試合連続ゴール。新潟が先制する。

さらに21分にはDF堀米の強いくさびを狭いエリアでMF伊藤が受け、絶妙なワンタッチでラインの背後に落とす。抜け出した谷口が鮮やかに決めてリードを広げた。前半、群馬のシュートを0本に抑える完全な新潟ペースで試合を折り返した。

交代策を絡めて群馬が反撃に出てきた後半は入りが悪く、50分、新潟陣内の右から上げられたクロスがオウンゴールを招く。その後、ボールを握る意識を強めたチームはペースを取り戻し、65分にはMF本間が左からカットインしてロングシュートし、強烈にクロスバーをたたく。そして67分、ショートCKからMF高木のクロスを田上が頭で押し込んで、再び2点差とした。

アディショナルタイムにロングスローから失点。追い上げられたが逃げ切って、今季初の連勝を果たした。2勝3分け1敗としたチームは6位に浮上した。

(残り 952文字/全文: 2194文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ