ニイガタフットボールプレス

【感想戦スペシャル 2022シーズンもまもなく折り返しですね feat.北條聡】~vol.7~「2022シーズン、J1昇格争いの構図」

4月初めのメールに『松橋アルビは論点がたくさんあって面白い』と記してあったからには、話をうかがわないわけにはいきません。まもなくシーズンも折り返しというタイミングで、北條聡さんと『2022年ここまでのアルビ』を語り尽くします! 感想戦スペシャル、8回連載でお届けします。

■まるでおふくろさんのような

――いよいよシーズン折り返しです。北條さんは昨年かなり早い段階で、当初はそれほど調子が上がっていなかった曺貴裁監督の京都が夏にかけて巻き返し、昇格争いに加わってくるだろうと指摘されていました。今シーズンの昇格争いを、現時点でどう見ていますか?

「これはですね、ヤット(遠藤保仁選手、磐田)や(藤田)俊哉の話とは逆になっちゃうんだけど、強度がポイントになってくる。やっぱりJ1に上がるチームというのは、強度が高くないとゆくゆくは立ち行かなくなるんだよね。J3からJ2に上がってくるチームにも言えることなんだけど。

今のJ2でいくと去年の京都、おととしのアビスパくらいの強度を維持してやっているチームは少ないかもしれない。新潟も、もっと上げていいんじゃないかな」

(残り 3467文字/全文: 3942文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ