nines WEB

長野県勢 甲子園戦績 84勝129敗

<長野県勢 甲子園戦績>
2019年12月1日現在
◇春夏通算成績 84勝129敗(勝率.394)
■春  24勝34敗(勝率.414) 優勝1、準優勝2
■夏  60勝95敗(勝率.387) 優勝1、準優勝3

春夏とも全国制覇が1度ずつあるものの、大きく負け越している。甲子園出場回数は松商学園の春16回、夏36回、通算52回がダントツで最多。夏の甲子園連続出場も、松商の1975年から6年連続が最長。また県勢の夏初戦敗退は、1982年から90年までの9連敗が最長になっている。一方で、夏初戦突破は55~57年(伊那北、伊那北、上田松尾)と2000~02年(松商学園、塚原青雲、佐久長聖)の3年連続が最長になる。1試合での最多得点は夏18回の1回戦・千葉中戦で長野商が記録した16点。最多失点も同じく長野商が夏22回の1回戦・静岡商戦で記録した27点。

(残り 5381文字/全文: 5745文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック