nines WEB

シニアの長野東リーグが中学軟式女子と小学生軟式チームを立ち上げ

【シニア】
長野市の中学硬式野球チーム、長野東シニアを運営するNPO法人長野東リーグは今年、中学軟式女子と小学生軟式の各部門でチームを立ち上げた。シニアチームが軟式チームを傘下に置くのは珍しい。
今年創立50周年の長野東リーグは、リトルリーグから立ち上がり、その後シニアリーグも設立。シニアは全国常連となった一方、リトルは慢性的に部員不足が続いていた。そこで同市内でやはり部員不足だった小学生軟式チームと統合する形で、硬式から軟式にくら替え、新たなスタートを切った。スタート時は7人で、当初は連合も視野に軟式野球連盟のマクドナルド杯出場を目指す。
中学女子チームは、女子野球が注目される中、北信地区の受け皿として発足。小学6年生~中学2年生の6人でスタートを切った。6月の中学女子の県大会にやはり単独での出場を目指していく。
ともに指導陣には社会人野球経験者らが入り、シニア監督でNPO法人の藤嶋一利副理事長は「スタッフは充実し、それぞれの部門で存分に野球に取り組んでもらえる」と話している。
練習は当面、丹波島橋近くの犀川第2運動場で行っている。メンバーも募っている。

 

小学生軟式チーム

中学女子チーム

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック