nines WEB

ninesコラム「野球一考」 実技編③ 「投げる」動作の修得

ninesコラム「野球一考」 実技編③ 「投げる」動作の修得

野球一考を担当しています赤池行平です。せんえつながら、実技動画も3回目を数えることとなりました。これらは、今まで私の経験したこと、学んだことが土台になっております。もちろん、これが唯一の方法ではありません。私自身、「何がその選手にハマるか、やってみないと分からない」という考えで指導にあたっているので、この動画に取り上げたものは、私が考えていることの、ほんの一部です。全く逆の方法で指導したこともあります。指導者・選手の皆様には、動画を投稿してから言うのもおかしいですが、あくまでも一つの参考として頭に留めていただければ幸いです。

よく、「下半身が重要だ」と言うわりには上半身の動き、特に腕の動きを事細かに指導する方々をよく見かけます。それはそれでいいのですが、下半身がきちんとしないと、いくら上半身を正しく動かそうとしても、なかなか難しいです。まさしく「氷の上に置いたピッチングマシン」となってしまい、どこにいくか分かりません。

特に内野手の皆さん、ゴロを捕ったら、その場でかる―く流したスローイングではなく、しっかりステップして、体重移動を使って強い球を投げるように心がけてください。「もっと素早く投げていればアウトだったのに」よりも、「ちゃんと正確に投げてればアウトだったのに」ってことの方が、圧倒的に多くないですか?(私の経験上、ほぼ100%後者でした)

ピッチャーも、キャッチャーも、野手も、ポジションに関係なく、投げる動作の基本的な部分は共通です。目新しいことではありませんが、目を通していただけたら幸いです。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック