nines WEB

【高校夏季】東信7・24 シード上田染谷丘、上田千曲、地球環境が2回戦勝利

◇東信(7月24日・佐久総合運動公園)

第4シードの上田染谷丘は延長の末、初戦を突破。上田千曲、地球環境も3回戦進出を決めた。

▽2回戦
岩村田   0000400010 5
上田染谷丘 0001000131x 6
岩)土屋、五味―内藤
篠)花見、奈良本―中曽根
【評】1点を追う上田染谷丘は9回裏、鳴澤のソロ本塁打などで同点とすると、10回裏、2死二、三塁から1番小出が左越え打を放ちサヨナラ決着した。

↑ サヨナラのホームを踏む染谷丘・鳴澤

↑ 気合の入る岩村田ベンチ

 

▽2回戦
小  海 001000000 1
上田千曲 12110000X 5
小)黒澤―浅川
上)齊藤―田島
【評】昨秋の復活代表決定戦と同一カードで、そのときは千曲が7―5で勝利。千曲は序盤、相手の守りの乱れに乗じて4回までに5得点。そのリードをエース齊藤が120㌔後半のストレートを軸に、小海打線を散発4安打、8奪三振の力投で守り切った。

↑ 校歌を歌う上田千曲ナイン

↑ 小海先発の2年生・黒澤

 

▽2回戦
上  田 0000000 0
地球環境 1011301x 7
(7回コールド)
上)杉原、青木―佐野
地)関―坂本
【評】地球環境は1番竹田が3安打で得点の基点になると、先発の関が右スリークオーターから130㌔近いストレートで上田打線を3安打、無四死球に抑え、完封勝ちした。

↑ 7回完封の地球環境先発の関

上田のセンター菅野の好返球で追加点を阻止

<コラム&フォトギャラリー>

(残り 1295文字/全文: 1889文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ