nines WEB

【高校夏季】南信7・30 昨夏準優勝、伊那弥生ヶ丘は3回戦敗退

◇南信(7月30日・しんきん諏訪湖スタジアム)

諏訪清陵、岡谷南が3回戦を突破し16強入りした。昨夏準優勝の伊那弥生ヶ丘は3回戦で姿を消した。

▽3回戦
阿  智 00200000000 2
諏訪清陵 00000002001x 3
阿)北澤―久保田
諏)齊藤―山内
【評】阿智は3回、9番久保田が敵失で出塁。1番櫻井の二塁打で二、三塁とすると、2番原は初球を中前に運び、2者がかえって2点を先制した。阿智先発の北澤に2安打に抑えられていた諏訪清陵は8回、無死一、二塁から3番雨宮主将の左前適時打でまず1点。さらに1死満塁と攻め、6番上原の右犠飛で2-2の同点とした。北澤、齊藤の両先発とも譲らず、延長戦へ。11回裏、清陵は連続四球と犠打で1死二、三塁とし、3番雨宮主将は右翼へ犠飛を放ちサヨナラ勝ちした。

↑ サヨナラを決めた諏訪清陵

↑ 盛り上がる阿智ベンチ

▽3回戦
伊那弥生ヶ丘 001000000 1
岡谷南    01001101X 4
伊)橋爪、保科―有賀
岡)星野―小松
【評】第3シード岡谷南と昨夏の準優勝校・伊那弥生ヶ丘が対戦。岡谷南は2回、暴投で1点先取。同点とされた5回には1番島津の適時二塁打で勝ち越し。6回には6番金子の適時打、8回には1死満塁から内野ゴロの間に1点を加えた。岡谷南先発の左腕星野は、変化球でもストライクを取り、力のあるストレートを生かして1失点にまとめ、公式戦で9回初完投した。
弥生ヶ丘は、3回に伊藤大我主将の三塁打を足掛かりにスクイズで1点を挙げたが、5四死球を得点に生かせなかった。

 

↑ 岡谷南は6回、金子の適時打で五味(7)が3点目のホームイン

↑ 同点を喜ぶ弥生ヶ丘ベンチ

<コラム&フォトギャラリー>

【フォト・杉原妃奈】

(残り 1539文字/全文: 2247文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック