nines WEB

【高校夏季】準決勝 8・8 飯山、佐久長聖が競り合い制し決勝進出

◇準決勝(8月8日・長野オリンピックスタジアム)

第1試合は昨夏の王者・飯山が、昨秋のチャンピオン上田西に逆転勝ち。第2試合は、佐久長聖が東京都市大塩尻を終盤に突き放し、昨秋の再戦を再び制した。

▽第1試合
上田西 000200000 2
飯 山 00011100X 3
上)阿部巧雅、三石健瑛、島田蔵都、阿部巧雅―小林大将
飯)常田唯斗―佐藤留旗

↑ 勝利を決めた飯山

↑ 4回に先制した上田西のベンチ

 

【評】先発の上田西・阿部、飯山・常田の両エースは、ともに130㌔台に抑え制球重視で序盤は無失点。4回、上田西は好調の5番竹下の2点適時二塁打で先制。飯山はその裏、3番塚田のソロで1点を返すと、5回には好調の9番馬場の適時二塁打で同点とした。さらに飯山は6回、4番佐藤、5番鈴木、6番田中の3連打で勝ち越し。5回以降、常田は130㌔中盤の真っすぐとカット系の変化球で要所を締め、3-2で逃げ切った。上田西は6回途中で降板した阿部を8回途中から4番手として再登板させたが、流れを引き戻せなかった。

▽第2試合
佐久長聖  000100062 9
都市大塩尻 000100010 2
佐)羽毛田聖也、梅野峻介―横田大智
都)成田昇司、城倉莉空、武居侑汰―松田盛健

【評】長聖は3回、2死一、三塁で7番野沢の左前打で先制。都市大はその裏、3番紅林のソロ本塁打ですかさず同点とした。ともに2番手投手が好投する中、長聖は8回、押し出し四球で勝ち越し。さらに8番横田のスクイズ、1番山田の3点適時二塁打などで一挙6点を奪った。9回にも野沢の2点適時打で突き放した。3回途中からリリーフした長聖のエース梅野は、都市大の反撃を8回の1点に抑え、大差での勝利を決めた。都市大は10安打で10残塁と攻めきれず、終盤の投手リレーが後手に回った。

↑ 決勝進出を決めた佐久長聖

↑ 紅林(4)のソロで追いつき、盛り上がる都市大ベンチ

 

<コラム&フォトギャラリー>
(フォト・杉原妃奈)

(残り 2387文字/全文: 3198文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ