nines WEB

【高校秋季】県大会準々決勝 オリスタ9・21 強打の松商学園と上田西が4強進出

◇長野オリンピックスタジアム(9・21) 準々決勝

松商学園(中信2位)は3本塁打などで長野日大(北信1位)を12-2の5回コールドで圧倒、上田西(東信1位)は飯田OIDE長姫(南信2位)を6-0と完封し、それぞれ準決勝進出を決めた。松商と上田西は北信越を懸けて26日に対戦する。

▽第1試合
長野日大 00002 2
松商学園 31224x 12
長)宮澤、白根、大屋、中島―東海林
松)栗原―藤石
本=熊谷、今井2(松)
二=熊谷2、荒木、藤石(松)

【評】松商は3番熊谷、4番今井の計3本塁打など14安打で12得点。投げては先発の1年生左腕・栗原が長野日大打線を7安打2失点に抑え、5回コールドで退けた。

↑ 4回、熊谷、今井の連続本塁打に沸く松商ベンチ

▽第2試合
OIDE長姫 000000000 0
上田西    30100200X 6
O)松下―熊谷
上)山口、高梨―小川
三=柳澤(上)
二=小川(上)

【評】上田西は1回、飛鳥井、大藪の連続適時打で3点を先制すると、その後も下位打線などで加点。先発の左腕エース山口は8回を被安打2、9回は高梨が締めて完封リレーした。OIDEは連投のエース松下が粘ったが、攻撃の突破口がなかった。

↑ 初回に3得点した上田西のベンチ

<フォトギャラリー>
(写真・入山蒼生)

(残り 392文字/全文: 919文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ